News

心がほっこりするちょっといい話【R4.5~】

11月(霜月)

【2022.11.17】

〇小山町総合文化会館で、税の作品コンクール(小学生はポスターと書道)の表彰式があり、3名の6年生が参加。一人一人名前を呼ばれて表彰を受けたのですが、3名とも「さすが6年生!成美小学校の大黒柱!」と胸を張って言える返事ができました。態度も堂々としていて、とても立派でした。学校ではなく外に出て、知らない人たちがたくさんいる中ですばらしい返事ができた成美っ子。本当にうれしかったし、心から誇らしく思いました。また成美っ子のすばらしさを実感した出来事です。

【2022.11.11】

〇昨日に引き続き、今日の朝も走る気満々で学校に来ました。荷物の整理をした後、すぐに着替えを済ませてグランドに出ようとしたのですが、机上にあった書類等を確認しているうちに、時間がどんどんと過ぎてしまったんです。「よし!走るぞ!」と意気込んでグランドに出たときには、すでにたくさんの子どもたちが走っていました。昇降口が開くまでの時間で、20周走った子も……。 子どもたちの「やる気」ってすごいなあと思います。子どもたちに負けずに頑張るぞ!と決意を新たにした私です。

【2022.11.10】

〇今日の朝、グランドを走りました。子どもたちがマラソン大会に向けて頑張っているのを見て、私も「負けちゃいられない!」と思ったからです。昨日「マラソンカード(グランドを1周走ると1マス色がぬれるカード)をもらったことも、私にとって刺激になりました。出勤後すぐに運動できる服装に着替え、いざグランドへ!準備体操をして体をほぐしてから、ゆっくりと走り始めました。青空を見上げ、きれいな空気をたくさん吸い込みながら、一歩ずつ走りを進めていきます。すると、登校後に昇降口が開くのを待っていた子どもたちが一人、二人とグランドに出てきて走り始めました。真っ先に出てきたのは6年生です。「すすんで 考える・動く」ことができる成美っ子たちは、本当にすばらしい!いつもは静かな朝のグランドが、子どもたちの熱気で活気づきました。(朝・中休み・昼休みで13週走り、マラソンカードが13マス進みました!)

〇今朝の出来事です。1年生の教室に行くと、一人の子が一通のお手紙をくれました。中を開けてみると、「ありがとう・うちゅう一のあいさつ、がんばってめざします。」と書いてありました。あいさつをしているその子と私の絵も描かれています。「ありがとう」「宇宙一のあいさつ」、どちらも全校集会で私が子どもたちに話したことです。きっと担任の先生も、「ありがとう」や「宇宙一のあいさつ」の大切さを、子どもたちに伝えてくれているのでしょう。何だかとてもうれしくて、今日もまたまた心があたたかくなりました。子どもたちに元気や愛をたくさんもらって、私は本当に幸せ者です。すてきなお手紙、ありがとう!

【2022.11.9】

〇昨日は「就学時健康診断」の日でした。朝清掃が終わった後だったでしょうか。来年の4月、小学校に入学する妹がいる4年生のお兄ちゃんが、「今日は妹が来ます。よろしくお願いします!」と私のところへあいさつに来ました。妹思いのやさしいお兄ちゃん。朝から心がほっこりしました。そして今日の昼休み。「昨日はありがとうございました!」とお礼を言いに来たお兄ちゃん。またまた心があたたかくなりました。

【2022.11.7】

全校集会で話した「夢」について、子どもたちの反応がとてもかわいかったので、いくつか紹介します。

〇全校集会が終わった後、町の校長会に出かけました。お昼過ぎに学校へ戻って来ると、職員室の机上に2枚の紙が置いてあったんです。「何かな?」と思いながらその紙をよ~く見ると、全校集会で話した「夢」が絵になって描かれていました。「居酒屋きよこ」の隣に「たかの団子」、その並びに「梅干しよしと」と「八百屋のつじ」が続きます。クイズにした三人の先生の夢と私の夢が「ひとつ」になって、夢の町が出来上がっていました。居酒屋が24時間営業だったり、ハイボールが500円だったり、ガスを配達してくれるのは3年生の子どもだったり、八百屋に並ぶ野菜の横に「ご自由にどうぞ」と書いてあったり……出張の疲れが一気に吹き飛び、思わず笑ってしまいました。かわいい絵のプレゼントをありがとう!何だか夢が叶うような気がしてきました。

〇全校集会の翌々日、2年生の教室で「校長先生!『居酒屋きよこ』はどこに開くの?」と聞いてきた子がいました。「今住んでいる御殿場かな?」と答えた私に、「小山には居酒屋があんまりないから、小山町に開いて!」と一言!そして、他の子も話に加わりながら、「生土に開いて!」「落合にどうぞ!」「柳島に開いて!」と、話がどんどんと盛り上がっていきます。「お客さんが来てくれるかな?」とつぶやく私に、「大丈夫!みんなやさしいから!」と柳島を勧めた子が言いました。何てステキな答え。子どもたちの純粋な目を見ていたら、小山町に店を開くのもいいかも……と思った私です。

〇同じく全校集会の翌々日、3年生の教室に行ったときのことです。一人の子が目で私を呼ぶので、さりげなく近づくと、耳元で「『居酒屋きよこ』の話をお父さんにしたら、毎日通っちゃうかもって言ってたよ!」とかわいい笑顔でささやきました。「お父さんによろしく言っておいて!」常連客を一人ゲットです。

〇それ以外にも、「うちのお母さんのお店の近くでやるといいよ!」とか、「絶対に行くね!」と声をかけてくれた子が多数いました。「〇〇さんの夢は何?」と私が聞くと、「警察官になりたい!」「ペンギンの飼育員になりたい!」そんな夢を語ってくれた子もいます。叶う「夢」もあれば、叶わない「夢」もある!成長していく中で、夢が変わっていくこともちろんある!それでいいと思います。大事なことは、夢を持ち続けること。明るい未来を思い描いて、前を向いて生きることです。ぜひご家庭でも、夢の話をしてみてください!みんな元気な笑顔になれること間違いなし!です。

〇先週の水曜日、下校する5年生の数人が、職員室にいた私に「肩たたきと肩もみ」をしてくれました。五十肩がいまだ直らず、それに加えて慢性のひどい肩こりに悩まされている私。子どもたちの手からやさしい気持ちや愛情をたくさんもらい、その日は心なしか体が軽くなった気がしました。ありがとう!

10月(神無月)

【2022.10.21】

〇今日は北駿音楽会。朝昇降口へ行く廊下を歩いていると、給食の献立黒板に「3・4年生 ほくすん がんばれ!!!!!!!!!!」のメッセージが!とても心があたたかくなりました。こういうところで心と心がつながっている……成美小学校は本当にすてきな学校です!それだけではありません!昨日1・2・5・6年生からプレゼントされたメッセージも、その音符が「笑顔のヒ・ミ・ツ」の楽譜になっていたり、先生方や成美っ子たちが、3・4年生に「頑張ってね!」とか「おかえりなさい!」と声をかけている姿をたくさん見ました。また、3・4年生からは、たくさんの「ありがとう」の声も聞こえてきました。「まあるい心」でつながり合う、あたたかい心が通い合う成美小学校、私は大好きです。

【2022.10.19】

〇全校集会で「『ありがとう』を大切にしよう」という話をした直後の出来事です。体育館の片づけをしていた6年生が、「大切なお話をしてくれて、ありがとうございました」と、私にそっと言いました。ちゃんと話を聴いて、自分で考え、行動に移してくれたことが、とてもうれしかったです。「こちらこそ。お話をしっかりと聴いてくれて、ありがとう!」と私は答えました。「ありがとう」で心と心がつながった瞬間です。

〇全校集会の後、話をするときに使った掲示物を廊下の壁に貼ろうとしていたら、1年生が二人、「私が貼ります!」と言って手伝ってくれました。「ありがとう!」とにこにこ笑顔でお願いした私。ここでもまた「ありがとう」で、心と心がつながりました。

【2022.10.13】

〇今日の放課後、用事があって役場の近くへ出かけました。横断歩道で信号待ちをしていると、車に乗った成美っ子が、「校長先生!さようなら!」「また会いましょう!」と、わざわざ窓を開けて声をかけてくれたんです。それも2台連続で……。その後、車に乗り、和田坂を上っていく途中、すれ違う子どもたち(1・2年生)に声をかけたら、これまた元気に手を振ってあいさつをしてくれました。何てかわいい成美っ子たち!一日の疲れが吹き飛び、明日へのエネルギーをチャージすることができました。

【2022.10.6】

〇PTA理事会が終わった後、帰りがけに何人かの保護者の方からこんな話を聴きました。「家で北駿音楽会の曲をよく歌っています。家族も覚えてしまいました!」ある子は階段をステージに見立てて歌うこともあるそうです。それを聴いていた弟もすっかり曲を覚えてしまい、一緒に歌っているとのことでした。その光景を思い浮かべ、とてもほほえましい気持ちになりました。2週間後は本番です。3・4年生のみんな!心を込めて、心をひとつにして、成美っ子らしい元気な歌声を響かせてください!

〇明日、湯船原の太陽光発電を見学に行く4年生。みんな久々のバスを使っての校外学習をとても楽しみにしている様子です。担任と一緒に引率する私に多くの子が、「校長先生!明日よろしくお願いします!」と元気にあいさつをして、笑顔で帰って行きました。「こちらこそ、よろしくね!」ちょっとした一言で、心と心がつながり合った瞬間です。

9月(長月)

【2022.9.26】

〇夕方、地域の方からうれしい電話がありました。忠霊塔の辺りを下校する子どもたちが、とても気持ちのよいあいさつをしてくれたとのこと。その方が「何年生?」と聞くと、「3年生!」という答えが返ってきたそうです。日暮れが早くなり、外は薄暗くなってきましたが、私はとても明るい気持ちになりました。教えてくださった地域の方、ありがとうございます。よいこともそうでないことも、何かあったらいつでも学校に知らせてください。これからも成美っ子たちの見守り、よろしくお願いいたします。

【2022.9.9】

〇2時間目の授業が終わった後、2年生のある子が「校長先生、ドッジボールやろう!!」と声をかけてくれました。こんなチャンスはめったにないので、昼休みに2年生とドッジボールをすることに……。久しぶりに外で子どもたちと遊び、ものすごくいい汗をかきました。担任をしていたころを思い出し、とても楽しかったです。私を遊びに誘ってくれた2年生、ありがとう。また一緒に遊ぼうね。

【2022.9.5】

〇朝私がグランドで草取りをしていたら、昇降口が開くのを待っていた6年生・3年生・2年生数名が、すすんで(自分で気づいて)草取りを始めました。昼休みには、4年生と3年生が一人ずつ、すすんで草取りをしていました。「すすんでやります!成美の子」を体現している、すばらしい姿だなと思います。誰かに指示されて動くのは、「すすんで」ではありません。「グランドに草が生えているな。運動会も近いし、きれいにしよう!」と自分で気づき、考え、動くのが「すすんで」です。草取りに限らず、学校の中にはもっともっと「できること」がたくさん転がっています。それに「気づく」!これが大事だと思います。

6月(水無月)

【2022.6.21】

〇清掃が終わったころの時間だったと思います。一度あいさつをして校長室前を通り過ぎた6年生が、ちょろっと戻って来てにっこり笑顔で一言。「校長先生、お仕事お疲れさまです!」思いがけない言葉かけにびっくりしたのと同時に、とても心があたたかくなり、エネルギーがわき起こってきました。「ありがとう。何だかとてもうれしいな。」にっこり笑顔でそんな言葉を返した私。あいさつから会話が生まれ、その会話をきっかけに、心と心がつながった気がしました。

【2022.6.3】

☆先生方から聞いた「ほっこり話」です。

〇3年生が習字の「片付け」をとても上手に、張り切ってやっています。自分の分が終わったら、友だちの分も手伝っています。忘れ物もほとんどありません。

〇給食着の帽子を取ったとき、髪の毛がぼさぼさに立っていた子が、恥ずかしそうに「鏡を見てきていいですか?」と聞きにきました。鏡を見に行き、髪の毛を押さえながらちょっとはにかんだ様子で帰ってきた姿に心がいやされました。

〇休んでいる給食当番の代わりをすすんでやったり、自分の係だけでなく、大変そうな係の仕事を進んで手伝ったり……自分たちで「すすんで 考える・動く・かかわり合う」のことのできる子がたくさんいます。

【2022.6.1】

〇全校集会で「ぽかぽか言葉」の話をした後、職員室の入り口に、持ってきた「ランの花」をさりげなく置いておきました。昼休みだったと思います。その前で大きく手を動かし、ちょっとジャンプをしながら、何やら話しかけている3年生がいました。近づいてみると、「大きくな~れ」「きれいな花を咲かせてね」と声をかけているではないですか!その笑顔とやさしさに、疲れも一気に吹き飛び、心がとてもあたたかくなりました。

5月(皐月)

【2022.5.27】

〇昨日と今日の給食にまつわる「心がほっこりする話」を紹介します。昨日のかきたま汁には「かまぼこ」が入っていました。よ~く見ると「かまぼこ」が星やハートなど、かわいらしい形になっています。七夕でもないのに珍しいなあ……と思っていたら、給食員さんが型抜きをしてくれたとのこと。今日のドライカレーに入っていた「にんじん」も、同じようにかわいらしい形でした。こんなふうに「愛情」がたっぷりとこもった給食をいただける私たちは、本当に幸せです。いつも「愛情」と「栄養」いっぱいのおいしい給食を、ありがとうございます。給食にかかわってくださるすべての方に感謝して、これからも残さずもりもりと食べましょう!

〇学校評議員会・地域と共にある学校づくり推進協議会に来られた地域の方が、成美っ子はあいさつがよくできるとほめてくださいました。「宇宙一のあいさつ」を目指している成美小学校としては、とてもうれしい言葉です。地域の方も、成美っ子の成長をあたたかく見守ってくださっているのですね。本当にありがとうございます!これからも成美っ子たちのことを、よろしくお願いいたします。

☆またまた先生方から聞いた「ほっこり話」です。

〇1年生が立ち止まって、ペコリとおじぎをしてあいさつをしてくれます。

〇1年生と6年生が、どぎまぎしながら少しずつ仲よくなっていく姿が、とてもほほえましく思います(あいさつ‣声かけ・遊び)

〇参観日に来航した保護者の方が、「くつが整っていて気持ちよいですね」と話してくれました。

〇給食員さんの工夫(かまぼこや人参を星形・花形・ハート形などに型抜く)や、日ごろからおいしい給食を作ってくれていることに感謝の気持ちを表すため、ありがとうのメッセージカードを作成しようとクラスに提案した子がいました(5年生)。

〇欠席している友だちの水やり(植物)を、すすんで行ってくれる子どもがいました。

〇給食のデザート(ニューサマーオレンジ)を食べている子どもたちの「すっぱそうな顔」を見て、思わず笑ってしまいました。マスク生活でなかなか表情が見えない中、その顔やほっぺにオレンジをつけている様子が、とても新鮮でした(4年生)。

【2022.5.25】

☆先生方から聞いた「ほっこり話」をいくつか紹介します。

〇その1:3年生の教室では、タブレットを使った学習をするときなど、自然と教え合う雰囲気があるそうです。とてもほほえましい光景が目に浮かびます。また、話し合い活動では、自分たちで創造的な案を次々と出すことができると聞きました。「すすんで 考える」姿勢、とてもすばらしいと思います。

〇その2:中休みに、1年生と6年生が一緒に大繩をしている姿がとてもステキに見えたという話をしてくれた先生がいます。コロナ禍でも「できること」を探しながら、「かかわり合い」を大事にしている子どもたち。すばらしい!それに気づいた先生も、すばらしいと思います。

〇その3:体育の50m走で、頑張って走る友だちを本気で応援する子どもの姿がすばらしかった……と、4年生の担任が教えてくれました。これも大事な「かかわり合い」の一つ。子どもたちがお互いを大事にしている証拠ですね。

【2022.5.23】

〇授業参観に来た保護者の方から、成美小の1年生が、とても元気よくあいさつをしてくれて、とてもうれしかったという話を聞きました。中学校のPTAで、登校指導をしていたときのことだそうです。元気なあいさつのできる成美っ子もすばらしいですが、子どもたちの頑張りやよさに気づき、それがうれしかったという自分の気持ちを学校に知らせてくださった保護者の方もすばらしいと思います。週の初めから、何だかとてもあたたかい気持ちになりました。

〇今朝いつものようにグランドの草取りを終え、昇降口に向かうと、登校してきた1年生から次々と「あいさつ+一言」が聞こえてきました。その中の一つを紹介します。「校長先生、おはようございます!今日も神様が笑っていますね!」「そうだね!今日は神様がうんと笑っているね!」さわやかな風が吹く5月の朝。何とも心がほっこりする「あいさつ」でした。

【2022.5.20】

〇今日6年生が下駄箱前の廊下を通りかかった私に、「校長先生!おはようございます!」と元気な声であいさつをしてくれました。名前を言われたことで、「あっ、私に向かって投げかけてくれたあいさつなんだな。」とものすごくうれしい気持ちになりました。「今のあいさつ、とってもうれしかったよ!」一つのあいさつから、会話が生まれました。1年生の教室に行くと、プラス一言のあいさつが飛び交っています。「今日はいい天気ですね。」「暑くなるみたいだから、水筒を忘れないでください。」など、「おはようございます」の後に、かわいいメッセージが必ずついてきます。思わず心がほっこり。「宇宙一のあいさつ」に少しずつ近づいている成美っ子たちです。やっぱり「あいさつ」っていいなあ。大事だなあ。

〇今日は下谷から通っている4年生が、真っ先にグランドへ出てきて「草取り」を始めました。この子は毎朝昇降口が開くまでの時間を使って、草取りをしています。他にも同じように、草取りを頑張っている子どもたちがたくさんいます。お兄さんやお姉さんが頑張っている姿を見て、1年生や2年生も草取りに出てきます。自分で考え、自分で動き、かかわり合う……とてもすばらしいことです。草取りだけではありません。学校の中には、他にももっと「できること」がたくさんあるような気がします。一人一人がそれを見つけて、すすんで動いたり、お互いに声をかけ合ったりできるようにになると、成美小学校はもっともっとすてきな学校になること間違いなしです。

【2022.5.19】

〇成美小の先生方は、本当に子どもたちのことを大事に育ててくれています。職員室で先生方の会話を聞いていると、子どもたちの名前がたくさん出てきます。私のところに来て、「今日〇〇さんが……」と子どもたちの頑張りや、心があたたくなったことなどを伝えてくれる先生もたくさんいます。朝いちばんにグランドへ出て、真っ先に草取りをするなど、自らの姿で、子どもたちに「進むべき道」を示してくれる先生もいます。教室に行くと、必ずそこには子どもたちと先生の笑顔や、真剣な顔や、本気でぶつかり合っている姿があります。学校中から聞こえてくる子どもたちと先生方の元気な声や、学校中に流れるあたたかい空気に、私はいつも元気と勇気をもらっています。

【2022.5.13】

〇「明日から二日間お休みだね」と、帰りの支度をしていたある子に私が声をかけました。すると「お休みいやだなあ」とその子が言ったので、「どうして?学校がいい?」と聞き返したんです。すると、満面の笑顔で「うん!!」と一言。「そっかあ。学校楽しいもんね!」一週間の疲れがすべて吹き飛んだ瞬間です。

〇全校集会で「宇宙一のあいさつ」の話をした後から、子どもたちの「あいさつ」が少しずつ進化してきたような気がします。「自分からすすんで」「元気な声で」あいさつをする子が増えました。あいさつの後に一言付け加える子も、ちらほらと出てきたました。あいさつは人と人の心をつないくれます。元気なあいさつは元気な心の証です。これからも宇宙一のあいさつを目指し、みんなの心をつなげていきましょう!

【2022.5.11】

〇昼休みに草取りをしていたら、1年生が「草が抜けないよ~」と私に助けを求めてきました。そこで、私が途中まで刈った草を抜いて、一か所に集めてもらうことに……。私のペースに合わせて、どんどんと草を抜いて集めていく1年生。そして最後には「草取りって楽しいね」と言って、教室へ帰って行きました。他にも「今日も手伝うね!」「明日は雨か。残念!」などと言いながら、たくさんの子どもたちがグランドをきれいにしてくれました。一生懸命に草取りをしてくれてありがとう!きっとグランドも喜んでいるよ。

【2022.5.6】

〇今日は遠足です。子どもたちは朝から何だか楽しそう。あいさつの声も、心なしかいつもより元気だった気が……。そんな中、職員室の横を「おはようございます!今日は晴れてよかったね!」と、にこにこ笑顔であいさつして通っていく1年生がいました。そのとびっきりの「笑顔」と「晴れてよかったね!」のフレーズがとてもかわいくて、朝から心がほっこりしたエピソードです。

〇遠足から帰ってきてすぐ、ある先生がうれしそうに私に教えてくれた話を紹介します。「コロナで遠足に行けない学校もあるのだから、こうして遠足に行けただけでも幸せ!」と言った5年生がいたそうです。みんなでお弁当やおやつの交換ができるのは、まだ少し先になるのかもしれません。でも、今ある状況の中で、最善を尽くしてみんなで行った遠足。そこに「幸せ」を感じられる子どもたちの心、すごいなあと思いました。そして、そういう子どもの声(思い)をしっかりと受け止め、私に伝えてくれた先生もすばらしい!一日も早くコロナが収まり、もっともっとたくさんかかわり合える遠足ができるようになるといいなあ……と思います。 

【2022.5.2】

〇中休みを中庭で過ごしていた1年生が、連休中にやったお手伝いの話を聞かせてくれました。「お風呂掃除と洗濯物たたみをやったよ。それから、お皿洗いも!」「えらいね。そんなにたくさんお手伝いしたんだ!」その子が一生懸命にお手伝いをしている様子が目に浮かび、何だか心があたたかくなりました。