News

心がほっこりするちょっといい話【R3・R4.4】

4月(卯月)

【2022.4.28】

〇これは「ついつい『しみじみ』としてしまった」話です。今年度の1年生は「緑帽」をかぶっています。かわいい緑の帽子が中庭を行き来するのを見て、自分の小学校時代をふと思い出しました。私も緑帽だったからです。なつかしい気持ちと、何とも言えない不思議な気持ちが入りまじり、一人でしみじみとしてしまった私がそこにいました。そしてその時、ついつい気になってしまったことが一つ。「この子たちと私は一体何歳離れているのだろう?」自分の年から「7」を引くだけなので、簡単な計算でした。自分の歩んできた道のりの長さ(歴史の重さ)にも「しみじみ」。

〇職員室の横を通って登校する子どもたちは、毎朝グランドの出入り口のところで「おはようございます!」とあいさつをして通り過ぎていきます。今日は職員室周りの窓ごとに、6回あいさつをして通り過ぎた子がいたんです(前日は4回)。その姿があまりにかわいくて、思わずぷっと吹き出してしまいました。「あいさつ」は何回しても、気持ちのよいものだなと思います。重点目標の一つ「すすんで かかわり合う」の第一歩が「あいさつ」です。何度も言っていることですが、元気なあいさつは元気な心の証だと私は思っています。いつでも・どこでも・だれにでも・何度でも!さわやかな「あいさつ」でつながり合える成美小を、みんなで目指していきましょう!

追伸 1年生も上級生の様子を見て、同じように元気な「あいさつ」をして職員室横を通り過ぎていきます。お姉さんやお兄さんに、自分から「あいさつ」をする1年生もいます。入学から一か月。もう立派な「成美っ子」です。

【2022.4.22】

〇外国語の授業が終わった後、誰に言われたわけもなく、自分たちが使った机を消毒していた5年生がいたそうです。外国語教室は授業ごとに使う学年が違うため、いつもはALTや支援の先生が授業後に消毒をしてくれています。でも、それでよしとするのではなく、自分たちで「消毒をした」5年生、とてもすばらしいです!「すすんで考えて動く」ことができましたね。

【2022.4.20】

〇今朝の出来事です。1階の渡り廊下を通って、昇降口の方へ行こうとしたときのこと。どこからか「校長先生!おはようございます!」という元気な声が聞こえてきました。周りを見渡してみましたが、中庭にもグランドにも子どもの姿は見えません。もう一度声の聞こえてきた方を探してみると、2階の教室からこちらに向かって手を振っている3年生がいるではないですか!遠くから届けられたあいさつの声と笑顔に、今日一日のエネルギーと幸せをもらった気がして、思わずにっこりとほほ笑んでしまいました。

【2022.4.19】

〇給食の後、ボックスに集配物を取りに来た3年生二人。「お手伝いしてもよいですか?」と、用務員さんが毎日運んでいる職員室の給食ワゴンを、パントリーに運んでくれました。一生懸命にワゴンを運ぶ後ろ姿を見送りながら、「この子たちも成長したなあ……」と感慨ひとしおの私です。

〇下校する1年生が、職員室前を通るときに、とても元気よく「また会いましょう!」とあいさつをしてくれます。その笑顔が本当にかわいくて、心和むひとときです。

〇最近6年生がとても頼もしく見えます。児童会や委員会の仕事をする姿、1年生のお世話をする姿はもちろんのこと、あいさつの声や目の輝きが、日に日に増しているように感じるのは私だけでしょうか。これから成美小の大黒柱としてどのように成長していくのか、とても楽しみです。

【2022.4.8】

〇2年生の集合写真を撮りに行ったときのこと。ある子が「校長先生も一緒に写真撮ろうよ!」と声をかけてくれました。澄んだ瞳のかわいらしい笑顔を見ていたら、うれしくて泣きそうになりました。毎日こうした成美っ子のやさしさやあたたかさに、私は心癒され、明日への活力をもらっています。

【2022.4.7】

〇今日は1年生の下校につき添いました。一緒に歩きながら、小学校で過ごした半日がどうだったか尋ねると、にこにこ笑顔で「とても楽しかった!」という答えが返ってきました。何よりもうれしい一言です。学校にはたくさんの「学び」があります。たくさんの「発見」があります。 たくさんの「友だち」や「先生」がいます。そして、「楽しいこと」がたくさんあります。1年生のみんな、明日も元気に登校してきてね。

【2022.4.6】

〇いよいよ令和4年度がスタートしました。中休みに中庭でチューリップに水をやっていた2年生が近くにいた私のところへやって来て、「桜がきれいだね」と一言。季節の移り変わりに気がつき、自然の美しさに心を寄せられる……本当にすてきなことだなあと改めて感じる出来事でした。成美っ子は心豊かに育っているなあ。

〇入学式の後、一人の1年生が私に話しかけてきました。「実は僕の妹がね……」お家で妹がおもしろい遊びをするんですって。とても楽しそうに話す姿に心がほっこり。帰り際に「さようなら」と声をかけたら、またお話をしてくれました。入学式の今日は、張り切って5時半に起きたそうです。「明日から6時に起きるのが目標!」と笑顔で言って帰っていきました。頑張れ!1年生!楽しい学校生活が待っているからね。

3月(弥生)

【2022.2.28】

〇1階の渡り廊下を歩いていたら、グランドに4月から4年生になる「お兄ちゃん」と1年生になる「妹」の姿が見えました。家から学校まで歩く練習に来たそうです。何ともほほえましい光景。お兄ちゃんがとても頼もしく見えました。そして、4月からの学校がますます楽しみになりました。

【2022.3.16】

〇「先生!チューリップのつぼみが出ているよ!」中庭にいた1年生が教えてくれました。まだ茎は伸びていないのですが、確かにつぼみがふくらみ始め、その先端がほんのり赤く染まっています。ここのところ暖かい日が続いていたので、草花も「春」を感じて芽吹き始めたのかもしれません。色とりどりの花が咲くのも間近です。

〇今日の放課後、一人の6年生が「校長先生!卒業式頑張ります!」と力強く宣言して帰って行きました。明後日はいよいよ「卒業証書授与式」。小学校生活最後の晴れ舞台です。主人公は6年生一人一人。頑張れ!私も心を込めて「卒業証書」を渡します。

2月(如月)

【2022.2.28】

〇子どもたちはいろいろなことにアンテナを高くして、興味・関心を持ちます。そして、あれこれと挑戦します。1学期には「つちのこ」探しがちょっとしたブームになりました。「つちのこを見つけると100万円もらえるんだよ!何に使おうか?」そんな話をしながら、ちょっと湿った土(つちのこが暮らしていそうな場所)をシャベルで掘ったことを思い出します。2学期の始業式で「なぞなぞ」を出したら、しばらく「なぞなぞ」ブームが続きました。それ以外にも「だじゃれ」「マジック」「謎解き」など、いろいろなブームが次々とやって来て、私を楽しませてくれます。子どもたちのすごいところは、私に負けていないということ。自分から「なぞなぞ」や「謎解き」の挑戦状を持ってくる子もいます。マジックの「タネ」あかしは、簡単にしてくれません。だからこそおもしろい!好きなことや楽しめることがあるって、とてもステキだと思いませんか?子どもたちとの会話から、子どもたちの興味・関心のあることを探り、そこを出発点に「かかわり」を深めていく……とても楽しい私の日課です。

【2022.2.15】

〇2年生が「かけ算九九名人」になるため、校長室に九九を言いにやって来ます。その表情は真剣そのもの!校長室に入ってくる子どもたちからは、心臓の「どきどき」が聞こえてきそうで、私まで「どきどき」してしまいます。1×1から9×9まで言うと、今度は9×9から1×1まで戻るのですが、これ(戻り)がなかなか難しい!みんな必死に練習をして、担任の先生に合格をもらうと、その切符を持って来るのが最後の関所である私のところです。ひととおり言い終わって合格すると、みんなほっとした笑顔になります。「お友だちや先生にちゃんと伝えてね。それからお家の人にもね。」「うん!」クラスに戻って友だちや先生に合格を伝えると、大きな拍手や「よかったね」「やったね」というあたたかい言葉が……。合格証をもらった翌日には、お家の方にほめられたことをうれしそうに話してくれる子もたくさんいます。お家の方がいちばん練習につき合ってくれているはずですから、喜びもひとしおでしょう。子どもたちはこうしてたくさんの人に支えられながら一つずつ階段を上り、成長していくのですね。ちなみに、私はよくお風呂で練習をしました。合格すること(結果)ももちろん大事ですが、一生懸命に頑張るという「過程」も大事かな。一人一人の歩み(スピード)で、一人一人の歩幅で、これからも前へ前へと進んでいってほしいなと思います。

【2022.2.8】

〇これは「心がほっこりする」話と言うよりは、「思わずぷっと吹き出してしまう」話です。昨日の下校指導は小山1区方面だったので、今日は5時間で下校する1・2年生と一緒に、湯舟・柳島方面へ行くことにしました。一人の子は学校を出たところにお迎えの車が来ていたので、「さようなら~。また会いましょう!」とそこでお別れ。残り数人と私とで歩き始めたとき、私たちの列を追い越すように一台の車が通り過ぎました。私はすっかりさっき子どもが乗った車だと思い込み、笑顔で思い切り両手を振ってしまったんです。すると、2年生がぽつり一言。「校長先生、今の人だれ?」「え~っ!〇〇ちゃんの家の車じゃなかった?」「うん!違うよ!知らない人だったよ!」あらら。どうやら私は知らない方に大きく手を振ってしまったみたい……。でも、その車に乗っていた方、ちゃんと手を振り返してくれました。子どもたちも、その様子をしっかりと見ていたようです。本当は静かに帰らなくてはいけないのですが、思わずみんなで笑ってしまいました。そこで私から子どもたちに一言。「この話は誰にもしゃべっちゃだめだよ。」あろうことか、口止めまでしてしまいました。よくよく考えてみたら、知らない方であっても、子どもたちの成長を支えてくださっている地域の人に変わりありません(たぶん)。誰にでもあいさつをするように、誰にでも手を振ることは悪いことじゃあないですよね。これで私の「おっちょこちょい伝説」がまた一つ増えました。

1月(睦月)

【2022.1.19】

〇昨日の出来事です。仕事を終えて帰ろうとしたとき、一人の先生に声をかけられました。手にはたくさんの算数ノートを抱えています。すると、何人かのノートを開きながら、子どもたちの頑張りや成長、だから「やりがい」があるんだ……ということをうれしそうに話してくれました。その話を聞いていた私も、とてもうれしい気持ちになりました。学校で垣間見られる子どもたちの頑張りや成長は、こうした先生方の熱意や愛情に支えられています。私は元気で素直でやさしい「成美っ子」が大好きです。そして、そんな成美っ子たちを大事に育ててくれている先生方のことも大好きです。

【2022.1.12】

〇今日は朝から出張で、午後1時近くに学校へ帰ってきました。おなかもすいていたし、ちょっと疲れてしまっていた私……。そんな私に元気をくれた子がいます。職員室の横を通って下校する子どもたちの一人が「本気のあいさつをします!」と宣言して、仁王立ちになり、とても大きな声で「また会いましょう!」と言って帰って行ったんです。「本気のあいさつ」というフレーズが気に入りました。また、子どもの元気な声を聞いたら、むくむくと力がわいてきました。

【2022.1.7】

〇今日の昼休み、職員室に来た子が、幸せを招く寅の絵にお願い事をしていました。「何をお願いしたの?」と私。すると、こんな答えが返ってきました。「クラスのみんなが笑顔でいられますように!」何てすてきなお願い事でしょう。心が洗われました。きっと願いが叶って、クラス全員が笑顔でいられるよ。

〇始業式で「とらどし」を使った「あいうえお作文」を紹介したとき、子どもたちに「みんなもぜひ作ってみて!」という話をしました。すると、自分の目標を「あいうえお作文」で表現してくれた5年生がいたんです。言葉に工夫があって、とても上手にできていました。パチパチ!これも間違いなく「すすんで表現」の一つです。目標が達成できるように頑張れ!と心から応援したくなりました。

12月(師走)

【2021.12.23】

〇用務員さんが玄関周辺の掃除をしていると、毎朝「おはようございます!ありがとうございます!」と声をかけてくれる子どもがいるそうです。元気なあいさつだけでもうれしいのに、その後に添えられた「ありがとう」……とても幸せな気持ちになると用務員さんは言っていました。その話を聞いた私も心がほっこり温かくなり、幸せな気持ちになりました。「ありがとう」が自然に言えるっていいなあ。

〇あるクラスの先生から聞いたすてきな話。23日は2学期最後の給食(クリスマスメニュー)でした。ごちそうさまの後、一人の子どもが給食員さんへ感謝の気持ちをを書いた紙をそっとワゴンに貼ったそうです。それを見て拍手を送った子、同じように感謝の気持ちを書いた子が何人もいたと聞きました。成美っ子のやさしさが伝わる「心温まるエピソード」です。

11月(霜月)

【2021.11.18】

〇今朝2年生が何気なく私の肩をもんでくれました。「気持ちいいなあ。これで五十肩が治りそうだよ。」と私。するとその子が一言。「五十肩が二十肩になるよ。」何てかわいい表現でしょう。少しでも痛みがなくなるといいな……そんなふうに思って数字を減らしてくれたのでしょう。何だか今日は肩の調子がよかった気がします。

【2021.11.16】

〇今日は朝清掃でした。みんなそれぞれの場所に行って、一生懸命にほうきで掃いたり、ぞうきんでふいたりして学校をきれいにします。そんな中、中庭で清掃をしていた4年生2人が、黙々と落ちているどんぐりや枯葉を拾っていたそうです。しゃべらずに仕事をする「黙働」を実行していた4年生。目の前の教室で清掃をしていた2年生の「よい手本」となりました。すばらしい!

【2021.11.1】

〇下校指導で、1・2年生と一緒に役場前の道を歩いているときのこと。通りがかりのお店の方や、工事をしている方など、地域の方々に子どもたちが元気よくあいさつする姿をたくさん見ることができました。ちっちゃい手を大きく振って、にこにこ笑顔で声をかけられると、大人もみんな自然と「笑顔」になります。あいさつだけでなく、「お仕事頑張ってください!」「いつもありがとうございます!」という一言を加えてあいさつをする子も多く、成美っ子のよさを改めて感じた出来事でした。

10月(神無月)

【2021.10.15】

〇帰りのできごとです。職員室の前を通りかかった1年生が、笑顔で私にこう言いました。「校長先生!明日も大きな声で返事をするので、聞いていてください!」総練習の(体操の隊形にひらく)とき、とても気持ちのよい返事ができたので、私がほめたことを覚えていたのですね。明日もしっかり聞いているよ。元気な返事をしてね。

〇これまた帰りのできごとです。準備を終えて帰る4年生に「さようなら!」と遠くから手を振りました。すると、「明日の運動会頑張ります!」と元気で頼もしい声が返ってきました。頑張ってね!応援しているよ!!明日の運動会がますます楽しみになりました。